ジャン=シャルル・ペルチェ

ジャン=シャルル・ペルチェ(1785年2月22日~1845年10月27日)
フランスの物理学者ペルチェ効果の発見により知られている。

1834年に、異なる金属を接合した部分に電圧をかけて電流を流すと熱の吸収や放出を生じることを発見。彼の名にちなんでペルチェ効果と呼ばれている。

 

 

 

 

「ジャン=シャルル・ペルチェ」というワードが使われているページ
ブランドコンセプト