使い終わった冷蔵庫を安く簡単に適正に処分する方法

こんにちは!
Peltismブログです!

今回は役目を終えた冷蔵庫を安く簡単に適正に処分する方法をご紹介させて頂きます。

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象製品となります。したがって家電リサイクル法に乗っ取り適正に処分をすることが義務づけられています。

冷蔵庫 処分

※もしも、不法投棄をした場合廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)により懲役5年以下若しくは1,000万円以下の罰金またはその両方が科せられますので絶対にやめましょう!

 

だけど、お金を払って処分しなければならないなら、できる限り安く処分をしたい!と思うことは当然だと思います。

一番安く、適正に処分するには・・・・・

 

ご自身で処分することが一番なのです!

 

しかも、処分方法はそんなに難しくありません^^

郵便局でリサイクル券を購入して回収業者さんを呼ぶだけ!

市町村によって異なり、回収業者さんがリサイクル件をを持っている場合もありますので各市町村のHPなどで予め確認すればより効率的です^^

気になる料金についてはリサイクル料金+回収料金(地方自治体によって異なる/自分で持ち込む場合は料金が発生しません)のみで済みます。

リサイクル料金はメーカーによって多少ことなりますので家電リサイクル協会のホームページで確認をしてください。

http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_price.html

※家電リサイクル券センター
0120-319640
受付:午前9時~午後5時(日・祝休)

もしもわからないことや不明な点などございましたら直接家電リサイクル協会にお問い合わせ頂くことが確実です。

 

●なぜこの方法が安いか?

それは、家電量販店や電気屋さんに処分をお願いすると手数料や代行料が取られてしまうからなのです。中には手数料で何千円も取る業者さんもいます。

どうせ処分するものなら電話一本で安く簡単に適正に処分しましょう!

もちろんPeltismも家電製品協会加盟をしておりますので家電リサイクル法に法った適正処分が可能です。

小型冷蔵庫 選び方

 

 

●Peltizm Upcycle ~終わりを考えることを始めよう~

2016年冬、Peltismでは環境学に基づき廃棄物が廃棄物にならない社会づくりのためUpcycle(アップサイクル)プログラムを開始しました。プログラム名は終わりを考えるという意味合いを持ちPeltismの「s」→「z」にし「Peltizm」としました。

すでにアフリカケニアでは入会地の深刻な家電の問題が発生しています。
そんななか私たちは家電メーカーとして、どんな行動をとらなければいけないのか?考えなければいけません。

大量生産・大量消費時代の中、資源はこの地球に住む全員の共有物でもあります。

ゴミ・廃棄物とはなんなのでしょうか?

だれがどんな基準で決めるのでしょうか?

それはすべて私たち人の価値の変動が決めているのかもしれません。

ゴミなのか?資源なのか?そんな問いかけをこの「Peltizm」のプログラムを通して考える機会をもって貰えましたらうれしいです。

廃棄する小型冷蔵庫を利用し新しい命を吹き込みます。

冷蔵庫スピーカー

パードン木村氏監修 Peltism17リットル→冷蔵庫スピーカーへUpcycle

to be continued→