アウトドアー用冷蔵庫が人気の理由

これまでの小型冷蔵庫のトレンドの流れをザックリ

冷蔵庫といえば、大手メーカーパナソニック、シャープ、東芝、三菱。
みんなが知っているようなブランドしか展開できないイメージが強かった。

しかし、ここ10年。家電の業界ではベンチャー、スタートアップといわれる中小企業がどんどん参加をしてきている。(弊社アントビー株式会社もまさにそれである。)

なぜか?

それは、生産工場が海外に増えていることが大きな理由だろう。
現在、優れたアイディアとデザインがあれば、技術や部品などはある程度どうにか制作できてしまう時代なのである。(3Dプリンターのようなイメージが近いかもしれません。)
もはや家電は全くの新しい発明というのは稀有な事例になりつつある。なにかとなにかを組み合わせた新たなプロダクトを各社模索していることが現状だろう。(その中でもバルミューダ製品は個人的にとてもお気に入りである。次はクリーナーあたりを開発するのだろう。)

そんな中、近年の小型冷蔵庫のトレンドは変化が激しい。
数年前までは温冷冷蔵庫が出現し、温かいものも、冷たいものも両方!?(筆者はペルチェの耐久の問題からこの製品の寿命には懐疑的であるが・・・)というのが記憶に新しかった。

そして、景気の流れもあり40リットル~50リットル程度のド〇キなどでよく見かける冷蔵庫は1万円前半になり、安い小型冷蔵庫が主流であった。

冷却方法は冷却力の強いコンプレッサー、無音のアンモニア、バランス型ペルチェがメインになりライフスタイルに合わせ、さまざまな小型冷蔵庫が市場へと投入されていく。

われわれPeltismは時代と逆行しホテルや旅館、病院や研究機関をメインに高い価格帯でのプロダクト展開を行ってきたが。

2018年頃からジワジワときたアウトドア用ミニ冷蔵庫

みなさんはアウトドア専用の冷蔵庫と聞いてイメージがピンとくるだろうか?

端的にお伝えすると、クーラーボックスに冷蔵庫の機能がついているとイメージしていただければ問題ない。 そんなアウトドアー用の冷蔵庫をトラベルクーラーとも呼ぶ。

要するに外で「冷やしたい」もののニーズが高まっている。
そうとなれば、外で使える冷蔵庫の開発をしよう!
というのは各社イメージ通りである。

しかし、ここにきておもしろいのが外で使用するために作った冷蔵庫を室内で使いたい!という人が増えていることである。

アウトドア冷蔵庫(トラベルクーラー)を室内で使う理由

そもそも、空前絶後のキャンプブームである。(グランピングという言葉をよく耳にするようになったのもここ2,3年だと思う。)
外で使うためのキャンプ用品やアウトドア用品を家で使用したい!という人が増加しているという流れがある。
一般の家庭用の用品に比べて、キャンプ・アウトドア用品は決して安くはない。むしろ高いといっても過言ではない。

なぜキャンプ用品を家で使いたいのか?

デザインシンプルで機能美に優れていること。
値段は高いが良い素材を使っていること。
設計がしっかりしているので耐久性が高く、長く使用できること。
キャンプやアウトドアでつかうアイテムを家で使うカッコよさみたいのもの!?
キャンプでつかえて、家でもつあけるので、生活の趣味が1つの道具ですむ。

上記が主な理由といえるだろう。

また、今後は発電や蓄電が主に活躍する分野であることは言うまでもない。
そして、アウトドア用の小型冷蔵庫もまた同じく、「外でも家でも使いたい!」に当てはまったのである。

これは私たち温度を専門にしている家電ブランドからするととても面白い行動経済だと思う。
生活や考え方にそって、人は行動をし、そして購入(経済活動)をするのである。

もちろん、アウトドアをしない人からすれば室内で使える冷蔵庫は室内で使いたい。外で使用したものを家の中で使いたくない。などの意見があるだろう。
それもまた、行動経済であり正しい。

鍵を握るのはソーラー発電ができる小型冷蔵庫である

アウトドア冷蔵庫(トラベルクーラー)の最大の特徴は発電と蓄電である。
これは、できる製品とできない製品があるので要チェック!

そして、できる製品の場合。それなりにお値段します。
なんたって、ソーラーも蓄電池もついているのだから仕方がない。
そうなれば、もはやアウトドアやキャンプを通りこして、災害の備えといえるだろう。

災害時に困ること

災害時に困ることといえば、電気と食料ではないだろうか。
ライフラインがストップする中で、とにかく電気は重要である。
現在の情報を確認するためにもスマートフォンでネットと接続することは急務。
また、冷蔵で食料や水が保存しておければ、食料が腐りにくくなり飢えをしのいでいくことも可能である。

「発電+蓄電+冷蔵庫」この組み合わせが魅せてくれる可能性は実に壮大である。

ベランダ発電で電気代の節約も可能に

もしもベランダで日光を獲得できる場所があれば、トラベルクーラーは最高である。
日中、発電&蓄電をしておいて、夜は蓄電した電気で運用。

そうすれば、夢の冷蔵庫の電気代0円生活が!?

今、トラベルクーラーがアツい。

この記事を書いた人

Peltism 静音小型冷蔵庫

Peltism 静音小型冷蔵庫

Peltismはお客様の為の「おもてなし」の小型冷蔵庫として最良の最適の冷蔵庫です。
ペルチェ冷却方式を採用したノンフロンタイプの静音小型冷蔵庫で日本全国の有名「ホテル、病院、クリニック、介護老人保健施設、旅館」様にご愛顧頂いております。
お客様の為の「おもてなし」の小型冷蔵庫として最良のアイテムです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします