小型冷蔵庫の中古はリスクが高いワケ

こんにちは!
Peltismブログです!

今回は小型冷蔵庫の中古製品がなぜリスクが高いのか?のご紹介をさせて頂きます。

小型冷蔵庫を探しているとリサイクルショップやネットオークションで安く小型冷蔵庫が販売されているのをよく目にしませんでしょうか?

しかし、ただ安いからいって手をだしてしまうと後で大変な目に遭う場合もございます。

そんな悲しい事にならないために!是非ご一読ください。

小型冷蔵庫 リサイクル

 

●製品の状態

中古小型冷蔵庫の場合、どこでどんな方にどのように使われてきたのか?がわかりません。
家庭の寝室用・病院の患者室・老人介護施設・ホテル・旅館・・・・・様々なケースが考えられます。

つまり製品の状態が良いのか?悪いのか?判断しにくいのです。

判断がしにくいということは・・・・

そうなんです。いつ故障するのか?製品寿命があとどのくらいなのか?がわからないということになります。

丁寧にマメにメンテナンスをして使用された製品なら良いですが、そうとも限りません。ホテル等営業で使用された製品はドアの開閉頻度も高く、またさまざま人が利用するのでダメージを受けやすいかもしれません。

海や川の湿度の高い部屋などで使用されたものも冷却基盤が故障しやすいののでより注意が必要です。

 

●メーカー保証が対応出来ない

購入時にリサイクル業者さんが「保証書あり」なんて表示していても信じてはいけません。

中古小型冷蔵庫のほとんどがメーカー保証はついていないのが現状です。

それは多くの家電メーカーは購入者様にメーカー保証をするもので中古品や2時流通品に関してはメーカー保証は失効します。
※上記は各メーカー様によって保証内容は異なります。

メーカーはお客様情報を登録していますのでお客様登録情報が一致しない限り保証や修理の対応は難しくなります。

いつ故障するかわからない製品、そして故障したらメーカーに修理してもらえない・・・

すると・・・

 

●廃棄処分の道

上記のような状態ではもう廃棄処分の道しかありません。

小型冷蔵庫は家電リサイクル法という法律にのっとり適正に処分することを義務付けられています。

処分費用は大体各社5000円程度となります。こうなると、ただ処分するために製品を買ってしまうという一番悲しい状態になります。

一部業者さんの中にはこの処分費用を払いたくないために、あえて激安で売り出し買った人に処分をさせてようとする巧みな業者もいるので要注意です。

 

●小型冷蔵庫購入の際のまとめ

・新品と中古品のメリット・デメリットをよく考える

・メーカー保証の有無をよく確認しよう

 

 

Peltismではメーカ-純正 冷却5年保証製品をリリースしておりますので是非ご確認ください^^
http://www.peltism.com/support/anshin.php