ぬか漬けを冷蔵庫で保存する正しい方法

 


ぬか漬けは日本で昔から愛されている発酵食品です。かつてはどこの家庭でもぬか漬けを手作りしていましたが、ぬか床の手入れやにおいの対策などが大変なので、最近は自宅にぬか床があるという人は減り、食べる機会も減ってしまいました。

でも、ぬか漬けは栄養が豊富でおいしいので、自宅で簡単に作れたらいいなと思っている人もいるでしょう。そのような人におすすめしたいのが冷蔵庫で作るぬか漬けです。

冷蔵庫で作るぬか漬けは、常温で作るぬか漬けと違い、手間や知識が必要なく簡単に挑戦することができます。ここでは冷蔵庫で作るぬか漬けのメリットや注意点、作り方などについてまとめました。

ぬか漬けは冷蔵庫でもできる

ぬか漬けは発酵食品で、健康や美容に効果的な栄養素が豊富に含まれています。そのため、近年の健康ブームもあって健康や美容に関心のある人から注目を集めています。

しかし、かつてどこの家庭にもあったぬか床だと、毎日かき混ぜたり、温度管理、カビや虫の混入に注意するなど、とても手間がかかり、忙しい現代人にはとても世話ができません。

そこで最近主流になっているのが冷蔵庫で作るぬか漬けです。実はぬか漬けは常温でなく、冷蔵庫でも作ることができます。

冷蔵庫で作るぬか漬けはぬか床の手入れやにおいが部屋に漏れることを防ぐこともできるため、簡単にぬか漬けに挑戦できると若い世代からも指示を集めています。

ぬか漬けを冷蔵庫で作るメリット

ぬか漬けを冷蔵庫で作るメリットは①毎日かき混ぜる必要がない②においを抑えることができる③カビの発生を防ぐことができる④虫の混入を防ぐことができる⑤菌の働きを抑えるので漬かりすぎない⑥すぐに食べることができるということです。

  • 毎日かき混ぜる必要がない

常温で保存している場合にはぬか床を毎日かき混ぜなくてはいけません。それはぬか床の中にいる乳酸菌と酵母が増え過ぎるのを防ぐためです。

乳酸菌が増え過ぎるとぬか漬けが酸っぱくなってしまいますし、酵母が増えるとぬか床の表面が白っぽくなり、シンナーのようなにおいを発生させてしまいます。

冷蔵庫で保存する場合には低温の状態になるため、菌の繁殖を穏やかにします。そのため毎日かき混ぜる必要がありません。

  • においを抑えることができる

室内に保存しているとどうしてもぬか床独特のにおいが部屋に漏れてしまいます。冷蔵庫で保存する時にはジップロックや密閉容器を使用するため、室内ににおいが漏れる心配がありません。

  • カビの発生を防ぐことができる

冷蔵庫内は低温で保たれているので菌の繁殖を抑えます。そのため、水分を含んでいるぬか床でもカビの発生を防ぐことができます。

  • 虫の混入を防ぐことができる

冷蔵庫内に密閉で容器で保存するため、常温保存のように虫が入り込む心配がありません。

  • 菌の働きを抑えるので漬かりすぎない

常温だと乳酸菌が増えるので早く漬かりすぎて酸っぱくなったり、塩辛くなってしまうことがあります。冷蔵庫内は低温なので菌の働きが抑えられるため漬かり過ぎる心配がなく、塩分を控えることができます。

また、わざと早めに出すことで浅漬けのようになり、サラダ感覚で食べることもできます。

  • すぐに食べることができる

常温で漬けられたぬか漬けはすぐに食べると生ぬるいです。特に夏場は一度冷やさなくてはおいしくありません。冷蔵庫なら元々冷えているのでぬか床から取り出してすぐに食べることができます。

冷蔵庫に入れっぱなしだと乳酸菌が減ってしまう

冷蔵庫でぬか漬けを作るのは、かき混ぜる手間が減ったり、においが漏れにくいなどメリットが多いですが、注意しなくてはいけない点もあります。

それは冷蔵庫にぬか床を入れっぱなしにしていると乳酸菌が減ってしまうということです。

乳酸菌は20度〜25度で活発に繁殖します。

冷蔵庫内は乳酸菌が活動するには温度が低過ぎるため、徐々に数が減っていってしまいます。乳酸菌の数が減り過ぎると、漬かりにくくなったり、旨みのないただ塩っ辛いだけのぬか漬けになってしまいます。

また、乳酸菌が減ることで冷蔵庫に入れていてもカビが生えてしまうことがあります。

乳酸菌が減りすぎないように、1週間から10日に1回は冷蔵庫から取り出して、常温に戻しかき混ぜるようにしましょう。

ぬか漬けには驚きの健康効果がある

発酵食品であるぬか漬けには植物性の乳酸菌が豊富に含まれています。

乳酸菌は生きたまま腸に届き、善玉菌のエサになります。腸内環境を整え便秘の解消に効果的です。腸内環境が整うと免疫力がアップするため風邪をひきにくくなったり、アレルギー症状の緩和にも繋がると言われています。

またぬかにはビタミン類が多く含まれています。

ビタミンB1、B2は、糖質や脂質の代謝を高めてエネルギーとして代謝しやすくする効果があり、ダイエットやメタボリックシンドロームの改善に効果が期待できます。

ビタミンB2、B6は、肌の新陳代謝を高めて細胞を再生させる働きや肌の弾力とハリを作るコラーゲンの生成も促します。ニキビや肌荒れの改善にも効果的です。

他にもぬか漬けはナイアシンやカリウム、食物繊維など豊富な栄養を含んでいます。

ぬか漬けを冷蔵庫で保存する正しい方法のまとめ

冷蔵庫でのぬか漬けはとても簡単です。最近はスーパーでも冷蔵庫用のぬか床を売っています。チャックが付いていて、そのまま野菜を漬け込むだけという手軽なものがあるのでぜひ探してみてください。

また、漬けるものはキュウリやナスなど定番の野菜だけでなく、ピーマンやアボカド、オクラなどもおいしく漬かります。ゆで卵やこんにゃく、豆腐などを漬けるのもおすすめです。ぜひ試してみてくださいね。

製品仕様

冷却方式ペルチェ
外形寸法W385mm×D415mm×H344mm
庫内寸法W310mm×D248mm×H230mm
重量約7.7kg
定格電圧AC100V
定格消費電力50W
定格周波数50/60Hz
冷却性能  LOW:約5℃
HIGH:約15℃
(室内温度5℃~25℃の場合)
※5℃~15℃とは野菜室程度の温度です
静音性約14dB~20dB程度(ファン音)
※設定温度到達時にファンが停止する場合があります
振動

製品仕様

冷却方式ペルチェ
外形寸法W435mm×D470mm×H515mm
庫内寸法W370mm×D300mm×H420mm
重量約14.8kg
定格電圧AC100V
定格消費電力75W
定格周波数50/60Hz
冷却性能  LOW:約5℃
HIGH:約15℃
(室内温度5℃~25℃の場合)
※5℃~15℃とは野菜室程度の温度です
静音性約14dB~30dB程度(ファン音)
※設定温度到達時にファンが停止する場合があります
振動

製品仕様

冷却方式ペルチェ×HPT
外形寸法W385mm×D455mm×H370mm
庫内寸法W250mm×D220mm×H250mm
重量約9.7Kg
定格電圧AC100V
定格消費電力65W
定格周波数50/60Hz
冷却性能  約5℃~7℃
(室内温度5℃~25℃の場合)
※5℃~7℃とは野菜室程度の温度です
静音性ファンレスモデル
※当製品はファンレスモデルにより室内に音が漏れないように無音の状態を保ちます。 そのため冷却には空気循環・排熱が重要となります。十分な空気循環・排熱の確保をお願い致します。
振動

製品仕様

冷却方式ペルチェ×HPT
外形寸法W430mm×D520mm×H740mm
庫内寸法W330mm×D320mm×H600mm
重量約15.5Kg
定格電圧AC100V
定格消費電力65W
定格周波数50/60Hz
冷却性能 LOW:約5℃
HIGH:約15℃
(室内温度5℃~25℃の場合)
※5℃~15℃とは野菜室程度の温度です
静音性約14dB~30dB程度(ファン音)
※設定温度到達時にファンが停止する場合があります
振動

この記事を書いた人

Peltism 静音小型冷蔵庫

Peltism 静音小型冷蔵庫

Peltismはお客様の為の「おもてなし」の小型冷蔵庫として最良の最適の冷蔵庫です。
ペルチェ冷却方式を採用したノンフロンタイプの静音小型冷蔵庫で日本全国の有名「ホテル、病院、クリニック、介護老人保健施設、旅館」様にご愛顧頂いております。
お客様の為の「おもてなし」の小型冷蔵庫として最良のアイテムです。