一人暮らし用の小型冷蔵庫の選び方!5つのポイント

これから一人暮らしをする方は、コンパクトで機能性がある小型冷蔵庫があると便利ですよね。

最近は、小型冷蔵庫の種類が増えて、容量やデザインも様々なタイプが販売されています。

ワンルームや1DKの部屋にもピッタリな小型冷蔵庫を選ぶには、何を基準に選べば良いのか悩むところです。

そこで今回は、一人暮らし用の小型冷蔵庫の選び方5つのポイントをご紹介します。

ぜひ、今後の商品選びの参考にしてみてくださいね。

一人暮らしにおすすめの小型冷蔵庫の選び方5つのポイント

一人暮らし用の小型冷蔵庫は基本的にコンパクトなサイズですが、容量やサイズ、取っ手の位置、内部デザイン、省エネの有無などに違いがあります。

では早速、選び方の5つのポイントを見ていきましょう。

適切な容量を選ぶ

Peltism小型冷蔵庫専用キャビネット

一人暮らし用のミニ冷蔵庫にはワンドアタイプの容量15L~50Lと2ドアタイプの容量100L~150L程度のサイズが主流です。

食べ物や飲み物、冷凍商品を買い溜めしておきたい方は冷凍スペースがある大きめの容量
100L~150Lを選びましょう。

容量100L~150Lの小型冷蔵庫の場合は、2ドアタイプが多く、冷凍商品や食材や飲み物の保管に便利です。

一人暮らし用といっても冷凍スペースに冷凍食品や氷、アイスクリームも入れることができるので便利ですね。

自炊をほとんどしない方や飲み物をメインに使う方は

容量15L~50Lの1ドアタイプが人気です。

かなりコンパクトなサイズなので、食べ物はあまり保存できず、主にペットボトルの飲み物専用となります。

コンパクトな容量15L~50Lのミニ冷蔵庫は、一人暮らしの方だけでなく、飲み物専用として寝室や仕事部屋に置いても良いですね。

狭い部屋にミニ冷蔵庫を置くと、冷蔵庫の上に電子レンジやミニトースターなどを置きたくなるかもしれませんが、放熱ができなくなるので避けましょう。

ドアを開く方向は部屋に合っている?

ミニ冷蔵庫選びは、ドアを開く方向(右開き・左開き)も考えて選ぶことが大切です。
ミニ冷蔵庫はサイズが小さいため、どこでも置けると思ってしまいがちですが、放熱できるように置き場所を考える必要があります。

冷蔵庫の置きスペースに入るかどうか、ドアの開く方向は問題なく使いやすいかをチェックしましょう。

ミニ冷蔵庫のサイズが大きすぎると壁との距離が狭くなり、歩きにくくなったり、ドアが開かないケースもあるので注意しましょう。

キッチン周りが狭くなってしまう場合は、一回り小さなサイズを検討すると良いですね。

一人暮らしのミニ冷蔵庫選びは、壁との距離やドアが開く方向やスペースを前もって確認しておくことが大切です。

作動音は口コミ・レビューをチェック

ミニ冷蔵庫は商品によって冷却方式が異なるので、冷蔵庫の作動音が気になる方はレビューやユーザーの口コミをチェックしましょう。

大きな冷蔵庫は冷却効率の良い気化圧縮式を採用しているため、どうしても作動音が大きくなります。

ミニ冷蔵庫でも気化圧縮式の場合は作動音が大きく、ワンルームの場合は、寝ている時に音が気になってしまうかもしれません。

音が静かなミニ冷蔵庫をお探しの方は、作動音が少ないペルチェ式のミニ冷蔵庫を選ぶと良いですね。

ただし、ペルチェ式のミニ冷蔵庫は冷やすパワーは落ちてしまうので、自分に合った商品を選びましょう。

実際購入したユーザーの口コミや評判も参考になるので目を通しておきましょう。

中の仕切りや使いやすさは?

17 リットル型小型冷蔵庫

ミニ冷蔵庫の中の仕切りやデザインは商品によって異なるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

容量が多い100L~150Lのミニ冷蔵庫を選んでも、収納ケースが多くて大きめのボウルが入らない場合があります。

2Lのペットボトルは横にしなければ入らないデザインもあるので、ドアポケットに立てて収納できるか確認しましょう。

使いやすさは実際に使ってみなければわからないこともありますが、口コミやレビューを見るとイメージが掴めるのでチェックしましょう。

省エネ対策は?消費電力をチェック

ミニ冷蔵庫といっても省エネ対策していない商品は電気代が高くなってしまうのでNG。

ミニ冷蔵庫本体の価格もチェックポイントですが、消費電力が低いかどうかも確認しておきましょう。

商品説明のページに年間の消費電力が記載されているので、電気代節約のためにも消費電力が小さいものを選びましょう。

まとめ

今回は、これから一人暮らしする方に向けて小型冷蔵庫の選び方5つのポイントを解説していきました。

小型冷蔵庫と一口に言っても容量やデザイン、中の構造や消費電力など、様々な違いがあります。

自分の部屋に最適なミニ冷蔵庫を購入するために、ぜひ5つのチェックポイントを参考にしてみくださいね。

Peltismラインナップ

この記事を書いた人

サポーター公式

サポーター公式

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします