完結版!これがとっておきの冷蔵庫の整理方法だ!

 


常に整理整頓しておきたい冷蔵庫。でも気が付くとごちゃごちゃになっていて、奥から古い食材が出てきたり、まだある物を買ってきてしまったりすることはありませんか。また、冷蔵庫は来客からも見える位置にある家庭が多く、中がごちゃついているためうっかり開けられないということもあるでしょう。

冷蔵庫の整理に悩んでいる人は多いですが、実はすぐにごちゃごちゃになってしまう冷蔵庫の整理はコツさえ押さえればとても簡単です。ここでは見た目と使い勝手が良くなる冷蔵庫の整理の仕方についてご紹介します。

冷蔵庫の整理のポイントは中身がわかること

冷蔵庫の整理で1番大切なことは「何がどこにあるかわかるように入れる」ということです。

これができると「奥から古い食材が出てきた」「まだある物を買ってしまった」「あるはずのものが見当たらない」という冷蔵庫のよくあるお悩みが解決されます。

冷蔵庫がごちゃつく人にありがちな行動が、買い物をしてきたらとりあえず冷蔵庫の空いている場所にどんどん入れてしまうということです。

まずは食材の置き場所を決めましょう。そしてボックスやトレイを使うとまとめて置くことができ、見た目もスッキリとします。

ボックスやトレイは雑貨店や100円ショップで売られています。冷蔵庫のスペースを測り、無駄なスペースができないサイズを選ぶようにしましょう。容器の種類を統一するとより整理整頓されているように見えます。

モノトーンの配色でシックでオシャレに

冷蔵庫の正面の棚の部分は、扉を開けた時に丸見えになります。その時、色々な食材が見えると生活感を感じさせてしまいます。

透明容器は中身が見えるので収納には便利ですが、収納だけでなく見た目も重視したいという人にはモノトーンのプラスチックケースがおすすめです。中身が見えませんし、白い色は清潔感を感じさせます。

中身が見えないケースを使用する場合には、ケースの前面にテープを貼って卵、朝食用、調味料など入っているものを書いておくと、どこに何があるか中身が見えなくてもわかります。

もっとカフェのようなオシャレ感を出したい場合には手書きではなく、アルファベットシールを使うのがおすすめです。

「卵」「朝食用」「調味料」も「EGG」「BREAK FIRST」「SEASONING」と書くだけで見た目の印象が変わります。

必ず空きスペースを作る

冷蔵庫の整理初心者の人がやってしまいがちな失敗が、全ての棚にギッチリとボックスやトレイを置いてしまうということです。こうすると整理した時には見た目が良いのですが、その日の残り物や買ってきた食材を置くスペースがなく、積み重ねたり押し込んだりなくてはならず、結局ごちゃごちゃになってしまいます。

使いやすい冷蔵庫にするためには、扉を開けた時、目線より少し下の位置にお鍋が置けるくらいの空きスペースを作っておくことが大切です。

高いところは取手付きや蓋付きが便利

背の高い冷蔵庫の場合、女性だと1番上の棚は目線より高く、手を伸ばさなくては届きません。奥までは手が届かないという人がほとんどでしょう。1番上の棚は奥までの長さのボックスを並べて引き出しのように使うのがおすすめです。

取手付きのボックスなら手が届きづらい高さでも使いやすいです。さらに蓋付きだと引っ張り出した時に上から食材が滑り落ちてくることを防ぐこともできます。

調味料はボトルを移し替えると見た目も収納力もアップする

サイドポケットには、ごまや中華だし、コンソメ、小麦粉、片栗粉など固形や粉状のものや、ドレッシング、麺つゆなど液状のボトルを並べます。

固形や粉状のものは、袋から出し、同じデザインの調味料ボトルに移し替えて並べるだけで見た目がスッキリとします。また調味料ボトルを使うことで、袋から使うよりも使いやすくなります。

液状のものも買ってきたそのままのボトルだと、大きさや形状が違うためサイドポケットにうまく収まらないということがあります。同じデザインのボトルに移し替えることで見た目だけでなく、収納力が上がり、使う時に取り出しやすくもなります。

引き出しには目隠しシート

冷蔵庫には引き出しがあります。引き出しは透明のプラスチック製の場合が多く、中身が丸見えです。

引き出しはそもそもそれほど大きなスペースではないので、トレイやボックスを配置すると収納力が落ちてしまったり、引き出しにボックスが引っ掛かって、出し入れしにくくなってしまうこともあります。

引き出しの中身を隠すにはガラス用目隠しシートがおすすめです。引き出しに貼ることで、収納スペースを削ることなく外側から中身を見えにくくすることができます。

冷蔵庫の整理まとめ

冷蔵庫の整理のポイントは、同じデザインのボックスやトレイ、ボトルを使うことと空きスペースをつくっておくことです。

冷蔵庫の整理をすると、見た目が良くなるだけでなく、使い勝手が良くなったり、収納力が上がる、使いやすくなるなどのメリットがたくさんあります。また、今冷蔵庫には何があるのかがわかりやすくなるため、同じものを買ってきてしまうということも防ぐことができ、節約にも繋がるなどいいことばかりです。

ぜひ冷蔵庫の整理の参考にしてみてくださいね。

製品仕様

冷却方式ペルチェ
外形寸法W385mm×D415mm×H344mm
庫内寸法W310mm×D248mm×H230mm
重量約7.7kg
定格電圧AC100V
定格消費電力50W
定格周波数50/60Hz
冷却性能  LOW:約5℃
HIGH:約15℃
(室内温度5℃~25℃の場合)
※5℃~15℃とは野菜室程度の温度です
静音性約14dB~20dB程度(ファン音)
※設定温度到達時にファンが停止する場合があります
振動

製品仕様

冷却方式ペルチェ
外形寸法W435mm×D470mm×H515mm
庫内寸法W370mm×D300mm×H420mm
重量約14.8kg
定格電圧AC100V
定格消費電力75W
定格周波数50/60Hz
冷却性能  LOW:約5℃
HIGH:約15℃
(室内温度5℃~25℃の場合)
※5℃~15℃とは野菜室程度の温度です
静音性約14dB~30dB程度(ファン音)
※設定温度到達時にファンが停止する場合があります
振動

製品仕様

冷却方式ペルチェ×HPT
外形寸法W385mm×D455mm×H370mm
庫内寸法W250mm×D220mm×H250mm
重量約9.7Kg
定格電圧AC100V
定格消費電力65W
定格周波数50/60Hz
冷却性能  約5℃~7℃
(室内温度5℃~25℃の場合)
※5℃~7℃とは野菜室程度の温度です
静音性ファンレスモデル
※当製品はファンレスモデルにより室内に音が漏れないように無音の状態を保ちます。 そのため冷却には空気循環・排熱が重要となります。十分な空気循環・排熱の確保をお願い致します。
振動

製品仕様

冷却方式ペルチェ×HPT
外形寸法W430mm×D520mm×H740mm
庫内寸法W330mm×D320mm×H600mm
重量約15.5Kg
定格電圧AC100V
定格消費電力65W
定格周波数50/60Hz
冷却性能 LOW:約5℃
HIGH:約15℃
(室内温度5℃~25℃の場合)
※5℃~15℃とは野菜室程度の温度です
静音性約14dB~30dB程度(ファン音)
※設定温度到達時にファンが停止する場合があります
振動

この記事を書いた人

サポーター公式

サポーター公式