5-15℃の温度設定で水分補給をする重要性

こんにちは!
Peltismブログです!

今回はPeltismの可能設定温度の5-15℃がもつ意味についてご紹介させて頂きます。

客室用小型冷蔵庫として研究・開発をされたPeltismの冷蔵庫は主に病院・大学病院・保険介護施設の患者室などに導入させて頂いています。

開発当初、病院様側からのリクエストとして冷たすぎる飲み物は患者さんの健康にとってあまりよくないので5°~15℃程度に設定のできる小型冷蔵庫がほしいというリクエストを頂きました。

それをきっかけに当ブランドでは冷たいけど冷えすぎない小型冷蔵庫。つまり約5-15℃に設定可能な小型冷蔵庫のラインナップを取り揃えております。

5-15℃温度設定

●10℃の水分補給の重要性
運動後や暑い日に体温より低い温度の飲み物をとると、体内の熱を下げ効果的にクールダウンが可能になります。

その際に身体への水分吸収がとても良く・ゴクゴク飲みやすいのは10℃の水分を補給した時とされています。

あとは喉が渇く前にマメに水分補給をすることが望ましいですよね^^

Peltismは健康的に水分補給をすることを推奨しております。
5-15℃水分補給

この記事を書いた人

Peltism 静音小型冷蔵庫

Peltism 静音小型冷蔵庫

Peltismはお客様の為の「おもてなし」の小型冷蔵庫として最良の最適の冷蔵庫です。
ペルチェ冷却方式を採用したノンフロンタイプの静音小型冷蔵庫で日本全国の有名「ホテル、病院、クリニック、介護老人保健施設、旅館」様にご愛顧頂いております。
お客様の為の「おもてなし」の小型冷蔵庫として最良のアイテムです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします