スキンケア用品はどんなミニ冷蔵庫に入れればいい?

スキンケア用品の保存について悩んだことがある方も多いのではないでしょうか? スキンケア用品はメイクをする、メイクをしないに関わらず、肌の状態を健やかに保つために必要なものです。スキンケア用品の保存には、常温保存ものと冷蔵保存のものがありますまた、常温保存のものでも一定の温度を保つ必要があるなど、その保存方法は繊細です。では、スキンケア用品をミニ冷蔵庫に入れる場合には、どのようなミニ冷蔵庫に入れると良いのでしょうか? 詳しくご紹介いたします。

ミニ冷蔵庫には、何を入れたらいいの?

ミニ冷蔵庫には、スキンケア用品や化粧品を入れる専用のミニ冷蔵庫や缶を入れる専用のミニ冷蔵庫など、さまざまな種類があります。専用のミニ冷蔵庫には、それぞれ目的に適したものを入れて使用するべきですが、多くのミニ冷蔵庫には、用途が限定されていないものが多いため、自由に使用することが可能です。ですから、スキンケア用品専用のミニ冷蔵庫ではなくても、ミニ冷蔵庫であればスキンケア用品を入れることができます。

ミニ冷蔵庫には、スキンケア用品を入れるといいって本当? 

スキンケア用品は基本的に常温での保存で問題がないとされています。これは、日本化粧品工業連合会の「化粧品を保管するときに注意していただきたいこと」でも、常温で保管するように推奨されていることからも明らかです。ですが、「直射日光のあたる場所」や「高温多湿の場所」、「温度変化の激しい場所」を避けるようにとも記載されています。

スキンケア商品は一定の温度に保つことが必要ともされており、一定の温度を保つことが難しい場合には、ミニ冷蔵庫で冷蔵することも選択肢の1つとして考えることもできます。たとえば、旅行に行く際に暑い車内にスキンケア商品を置いておかなければならなかったり、キャンプなどで一定の温度に保つことが難しかったりする場合には、ミニ冷蔵庫で冷蔵保存しておいた方がよいともいえます。ただし、そのような場合には、バッテリーが搭載されており、電源に差し込んでいなくても使用できるタイプのミニ冷蔵庫を使用する必要があります。

また、スキンケア商品の中には冷蔵保存をしなければならない保存料を使用していないオーガニック商品などもあります。そのため、一概にスキンケア商品を冷蔵保存せずに常温保存で問題がないというわけでもありません。ですから、自分の使用しているスキンケア商品に合わせた保存方法を選択するようにしましょう。

スキンケア用品をミニ冷蔵庫に入れるメリットとは?

スキンケア用品をミニ冷蔵庫に入れるメリットは、「食料品を入れている冷蔵庫のスペースを取らないこと」が挙げられます。自炊をする場合、食料品を入れるだけで冷蔵庫はあっという間に満杯になってしまいます。そのため、スキンケア用品を入れるスペースを確保するのは難しいといった問題がありますが、ミニ冷蔵庫があれば、食料品を入れている冷蔵庫のスペースを取らずに済みます。

このように、スキンケア用品をミニ冷蔵庫に入れることは、食料品を入れている冷蔵庫に入れておくよりもメリットがあるので、スキンケア用品を保冷する場合には、ミニ冷蔵庫を使用するとよいでしょう。

スキンケア用品はどんなミニ冷蔵庫に入れればいい?

ミニ冷蔵庫には、化粧品専用のミニ冷蔵庫があります。軽量であり、取っ手がついているなど、移動させることを計算された作りになっています。また、置き場所にも困らないコンパクトサイズのため、ドレッサーや洗面台などにも置くことか可能です。このようにスキンケア用品は化粧品専用のミニ冷蔵庫に入れることで便利に使用することができます。ですが、化粧品専用の冷蔵庫の種類は少なく、手に入れることが難しい傾向にあります。ですから、化粧品専用のミニ冷蔵庫にこだわることなく、通常のミニ冷蔵庫を使用するとよいでしょう。

≪おわりに≫

ミニ冷蔵庫には、さまざま種類があるため、スキンケア用品を入れるのに適したものを選ぶのがポイントです。化粧品専用のミニ冷蔵庫もありますが、それ以外にもシチュエーションや環境によって、自分が使いやすいミニ冷蔵庫を選択することがスキンケア用品の保存のしやすさにつながることでしょう。

Peltismラインナップ

この記事を書いた人

サポーター公式

サポーター公式

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします